・瞑想を学ぶ、始める

瞑想の姿勢おすすめは3つ!【結跏趺坐】編

スポンサーリンク

私がおすすめする瞑想の姿勢は3つです。

 

①結跏趺坐(けっかふざ)

②半跏趺坐(はんかふざ)

③安楽座(あぐら)

です。③は瞑想のあぐらです。

普通のあぐらとはちょっと違いますね。

 

①が一番つらく、

③が一番楽な座り方です。

 

どのように使い分けるかというと、

単純に、辛くなったら楽な座り方に変えます。

または、はじめから楽な姿勢でも構いません。

 

今回は結跏趺坐の解説です。

 

①結跏趺坐

私の場合は、まず、

右足を左のモモの上に置き、

左足を右のモモの上に持ってきます。

 

これは逆でもOKです。

つまり、左足を先に右のモモに置き、

右足を左のモモの上に置く。

それでも構いません。

 

人によって必ず、右が上のほうが痛い人と、

左が上のほうが痛い人に分かれます。

 

ご自身がどっちがあっているか、

試してみてくださいね。

 

 

結跏趺坐はできる人のほうが少ないかもしれません。

最初は無理せずに5分からはじめ、

10分、15分と伸ばしていくのがいいですね。

 

例えば、富士山に登ろうと思ったら、

ランニングなどをして体づくりをしますね。

それと同じで、結跏趺坐も、

瞑想のための体づくりだと思って

毎日少しずつ鍛えていってください。

 

どうしても痛い場合は、

結跏趺坐にこだわる必要はありません。

結跏趺坐は瞑想をやり易くはしますが、

瞑想そのものではありません。

できなくても心配しないでくださいね。

 

※写真はすべて坐蒲(坐禅用のクッション)

を利用しています。

坐蒲についてはこちら

瞑想に必要な道具は!?瞑想用座布団のおすすめは!?

 

スポンサーリンク

自分を変える!おすすめ記事

1

虹たも瞑想ラボは私たちの修業期間につき、 2021年6月8日から瞑想会、瞑想教室、お問合せなどの業務の一切を一時休止させていただきます。 また再開の目途が立ちましたらこちらでお知らせさせていただきます ...

2

瞑想をすることによってどのようなメリットがあり、どのような能力が獲得できるのでしょうか。今回は瞑想で獲得できる5つの基本的な能力と、さらに具体的な69個の能力を説明していきます。合わせて瞑想の効果が現 ...

3

瞑想を学んでみよう!と考える多くの方の目的は「自分を変える」「人生を変える」ことではないでしょうか。今日は瞑想にも通じる「自分を変える、人生を変えるシンプルで強力な方法」のご紹介です。   ...

4

ベルナール・パリッシーという陶工は1528年、カップに最高の光沢を持たせるための釉薬(うわぐすり)を見つけることを決意した。   何か月も何年もかかってさまざまな実験を試み、釉薬の原料を研究 ...

-・瞑想を学ぶ、始める

© 2021 『虹たも瞑想ラボ』