・対人関係

全然関係ないけど会話のスキルの話。これを守れば会話の質が変わる!

スポンサーリンク

 

瞑想とは全然関係ないと言えばないのですが、

会話のスキルの話です。

 

なんでそんな話なのかというと、

人の悩みの多くは「対人関係」なんです。

 

例えば、仕事を辞めたくなる理由の多くは、

職場での対人関係です。

逆に給料などの待遇面が多少悪くても、

対人関係がうまくいっており、

楽しい職場だと辞めたいとは思わないものです。

 

サリヴァンというアメリカの精神科医は、

「精神医学は対人関係論である」なんていうタイトルの本を出しています。

 

それほど、対人関係が人の心に与える影響は大きいんですね。

 

それで、ぼくがなんでそんな話をするかといいますと、

常々言っているように、瞑想というのは問題解決の手段なんです。

 

だけど、瞑想というのは瞑想だけでは成立しないんです。

 

瞑想をしてても問題自体は解決されません。

瞑想を通して能力をアップし、

そのうえで行動しなければなりません。

 

つまり、問題を解決する「行動」そのものが必要なんです。

例えば、瞑想を通して素晴らしいアイデアを生み出したとしても、

実際にそれを作り商品化するという作業が必要です。

 

そのため、たまに、こうやって具体的な「行動」そのものを教えたりしています。

ただ、さいたま瞑想ラボではあまりやっていませんが。

 

なんにせよ、誰かのお役に立てることは

これからも書いていきたいなと思っています。

 

さて、本題ですが、コミュニケーションが苦手という方がいらっしゃったり、

人間関係がいつもうまくいかない、

余計な一言を言っていつも仲たがいする、

などの悩みを抱えている方は

これだけを試してみてください。

 

「それを言ってなんになるのか、発言する前に考えること」です。

 

例えば、

「○○って、ほんとよく食べるよね」

それ、太ることへの隠れた非難です。

 

「○○っていつもおしゃれしてるよね」

それ、いつも異性受けを狙っているよねっていう嫌味です。

 

「○○って、たまにキザなこというよね」

それ、考え方が合わないことの表明です。

 

「こないだ言わなかったっけ?」

それ、覚えてないのかよという非難です。

 

「○○ってメンタル弱いよね」

それ、もっとしっかりやれよっている説教です。

などなど、多すぎてあげられませんので、

「これはどうなの?」というものがあったらメッセージください。

追記します。

 

もちろん、当人はそんな非難のつもりで言ってるんじゃないと思います。

だけど、その発言をして得たいものは何ですか?

よく考えると、人の発言の多くは、

単なる自尊心から発せられています。

 

事実の指摘は、相手にとっては秘された非難です。

それは、発言者の気持ちを晴らすだけで、

対人関係の構築にはまったく役に立ちません。

 

今すぐ事実の指摘はやめるべきです。

 

そして、常に、相手の利益になる発言をすることです。

そうすれば自ずから対人関係は上手くいくものです。

 

もし、

「いや、わたしはそれはいい意味で言っているんだ」という方がいたら、

一言付け加えたほうがいいです。

 

例えば、

「○○って、ほんとよく食べるよね、一緒に食事するの楽しいもん!」

 

「○○っていつもおしゃれしてるよね。そういうの憧れるわぁ」

 

「○○って、たまにキザなこというよね、意外とそういうの好きだけど」

 

「こないだ言わなかったっけ?ほんと、伝え方下手でごめん、そういうことあったらまた言って!」

 

「○○ってメンタル弱いよね、私もそうだからわかる。力になれることあったら言って!」

 

などなど、

一言足すといいですね。

 

好きな人に送るラインの内容や、

履歴書の自己PR文の添削まで、

さいたま瞑想ラボは、

あなたのお役に立てることはなんでもしたいと思います。

 

ただ、限られた時間の許す限りですけどね(*'ω'*)

 

メールでの問い合わせはたくさんいただいておりますので、

合わせて、瞑想会へのたくさんのご参加も、

お待ちしております_(._.)_

 

スポンサーリンク

自分を変える!おすすめ記事

1

瞑想をすることによってどのようなメリットがあり、どのような能力が獲得できるのでしょうか。今回は瞑想で獲得できる5つの基本的な能力と、さらに具体的な69個の能力を説明していきます。合わせて瞑想の効果が現 ...

2

瞑想を学んでみよう!と考える多くの方の目的は「自分を変える」「人生を変える」ことではないでしょうか。今日は瞑想にも通じる「自分を変える、人生を変えるシンプルで強力な方法」のご紹介です。   ...

3

ベルナール・パリッシーという陶工は1528年、カップに最高の光沢を持たせるための釉薬(うわぐすり)を見つけることを決意した。   何か月も何年もかかってさまざまな実験を試み、釉薬の原料を研究 ...

-・対人関係

© 2021 『虹たも瞑想ラボ』