・チャクラ瞑想

第六チャクラの詳細と開き方「霊的直観力と本物の瞑想」

スポンサーリンク

今回の記事では、第六チャクラの詳細から活性化・開花方法、瞑想法などを見ていきたいと思います。第六チャクラを活性化し開花させると「松果体の活性化」「直観力向上」「スピリチュアル能力の開発」「洞察力の向上」「シンクロニシティの頻発」などの効果があります。

 

第六チャクラの詳細

 

名前:第六チャクラ『ブラウチャクラ』

第六チャクラは「ブラウチャクラ」とも呼ばれます。「ブラウ」とは「額」を意味します。

 

第六チャクラの位置

第六チャクラの位置は、第三の目があるといわれる眉間のあたりになります。

 

チャクラ 瞑想 第六チャクラ

第六チャクラの色

藍 

 

第六チャクラの周波数

852Hz

第六チャクラに対応する身体の各器官

・総頚動脈神経叢
・脳下垂体
・ 頭蓋骨の下部

第六チャクラのテーマ

各チャクラにはそれぞれテーマがあります。

第六チャクラのテーマは「目に見えないものを見る力」です。

 

第六チャクラから与えられる課題

各チャクラにはそれぞれ克服すべき課題があります。

第六チャクラの課題は

「真実を見極め、真理を探究する」
「情緒的知性の獲得」
「直感力を高め、知恵を身につける」

というものです。

 

第六チャクラが閉じていることで起こる不調

精神的不調

・原因不明の不調が出る 
・理由もなく頑固になる 
・行き詰まりを感じる
・道に迷っている
etc.

 

身体的不調

・めまい ・立ちくらみ ・脳の病気 
・目 ・耳 ・自律神経 ・神経系
  etc.

 

第六チャクラを乱す原因感情

・潜在意識の使い過ぎ
・感受性が豊かすぎる
・相手の感情に敏感すぎる
・真実から目を背ける
・考えすぎる
  etc.

第六チャクラが開いていると

・直観力が冴える
・物事の本質が見える
・シンクロニシティが起こりやすくなる
・霊的能力が開花する
・アイデアがひらめく
・引き寄せの法則が良く働く
  etc.

 

第六チャクラが開きすぎていることで起きる弊害

・霊的な影響を受けやすくなる
・神経症になりやすい
・集中力が欠け注意散漫になる
・情緒不安定になる
etc.

 

第六チャクラ詳細まとめ

第六チャクラは「アイデアと想像」のチャクラです。第三の目があるといわれる場所に位置するこのチャクラは、全てのチャクラのエネルギーの流れを監視して、エネルギーの流れが滞らないように見守ります。霊的、潜在意識的な力と直結する第六チャクラを磨くことで、自己の霊性が高まります。また、日ごろからの瞑想を第六チャクラで行うと願望が実現しやすくなります。

第六チャクラ開花に向けて

第六チャクラ開花のポイント

第六チャクラを活性化させるポイントは、直感を受け入れ、信じ、それを活用していくことです。直観力は意識して使うことでその精度が確実に高まってきます。そして、その中から、理性の知覚では理解できない宇宙の叡智を理解することができるようになってきます。

物事の本質を見極める目を養い、肉眼ではなくこの第三の目で物事を見るように心がけてみてください。あなたの知性が開花し、今まで見えなかった世界が見えてくようになります。

第六チャクラ開花のためのアファメーション

「私は考えるのをやめて直感を信じる」
「私は聞こえない声に耳を傾けてみる」
「私は見えないものに目を向けてみる」
「私の潜在意識は無限の叡智と繋がっている」
「私が必要とするものはすべて必ず向こうからやってくる」
「私の潜在意識は全ての答えを知っている」
「私の直感はいつも必ず結果的に正しい」
etc.

 

第六チャクラ開花のための瞑想

第六チャクラで行う瞑想の「身体的」効果

このチャクラで瞑想を行うと、睡眠障害が緩和され寝つきが良くなります。また、視床下部、松果体の働きを向上、目鼻耳の働きを向上させます。

 

第六チャクラで行う瞑想の「精神的」効果

このチャクラを意識した瞑想を行うと、「直観力」「感受性」「集中力」「洞察力」「潜在能力」「超感覚」「スピリチュアル能力」といった人間のあらゆる感覚的機能が強化されます。

 

第六チャクラの開花のための瞑想

チャクラ開花のための基本瞑想に加えて、以下の瞑想を試みてください。

 

瞑想方法

いつものように楽な姿勢をとってください。歌詞のないゆったりとした音楽ならかけても構いません。準備ができたら目を閉じ、数回深呼吸をし、それからゆったりとした呼吸に移行していきます。

呼吸を落ち着かせ、まぶたからはしっかりと力を抜き目を閉じておきます。そして、目を閉じたまま、両目で眉間を見るように目を動かしてください。最初は目が痛くなったり、眉間に違和感を感じたりすることがありますが、優しく初めて少しずつ慣れていってください。あまり力を入れて無理して目を動かす必要はありません。楽に楽に眉間の方向に目を向けてください。

まぶたを閉じた下で両目で眉間を見つめたら、そのまま固定します。そして、あたかも眉間に目があるように、その眉間で目の前の景色を見てみてください。目を閉じているので当然前は見えません。しかし、視覚以外の感覚、聞こえるものや空気感、においなどを感じて、目の前の景色を眉間に映像化してみてください。もし、どうしても映像化ができなければ、一瞬目を開いて目の前の景色を記憶し、そして、その映像を眉間の目に投影してみてください。

最初は非常に難しく感じるはずです。しかし、慣れてくると驚くほど鮮明に映像化できるようになってくるはずです。

 

そして、それが慣れてきたらさらに、目の前の物だけではなく見たいものに意識を向け、眉間の目で映像化してみてください。例えば、玄関を出て駅まで歩いていくときの道筋を眉間の目で動画のように追ってみたり、気になる人の意識を向けて、その人が着ているもの、今日食べたもの、今していることなどを見てみたりしてください。

あなたの潜在意識は第六チャクラを通して、到底信じられないような体験をあなたに提供します。

この瞑想も15分程度は続けてください。また、この瞑想は、瞑想の時間以外にも、思い出した時に1分でも5分でも行ってください。日ごろから、視力にとらわれない物の見方を養っていきます。

 

あなたは今日から新しい物の見方を覚えました。この力を磨いてください。直観力、洞察力、観察力、認識力、そういった力が飛躍的に高まり、あなたの人生をより豊かなものへと導いてくれます。


時間がない方にはこちらをおすすめ!全チャクラの一覧と詳細

時間がない方や、7つの全てのチャクラをまとめて見られるようにしたいという方にはこちらのnoteをおすすめしています。こちらは有料になりますが、第一チャクラから第七チャクラまで全てのチャクラをまとめてあります。

また、HPでは紹介していない「霊能者が霊視するチャクラ」の話を特別に載せてあります。「霊能者が霊視するチャクラ」というのは、チャクラのエネルギーを視覚化して視ることができる霊能者に、たくさんの人のチャクラを霊視して気づいたことを聞いてまとめた記事になります。

チャクラと霊の関係など、インタビューしながらも「なるほど!!」と思うことがたくさんありました。

それだけでもなかなか聞けない話になっています。また、冊子は、チャクラ関連の本を10冊くらい読むのと変わらないくらいの内容になっていると思います。分量は約2万5千文字で、冊子にすると55ページほどになります。要点のみをまとめてあるので、必要な個所を選んでお読みいただくことができると思います。

第一チャクラと第二チャクラの詳細は全て見れますので、気に入っていただけたらご購入いただければ幸いです。


 

※写真は冊子版になります。noteはファイル形式ですので写真とはデザインが異なりますが内容な全て同じとなっています。

その他のチャクラのリンクはこちら

全ての瞑想を行う前に!瞑想のための3つの準備!調身調息調心

チャクラ開花のための基本瞑想!色のイメージがチャクラを活性化!

 

 

第一チャクラの詳細と開き方「恐怖心を乗り越え前進する」

 

第二チャクラの詳細と開き方「全てを喜びに変えて生きる」

 

第三チャクラの活性化と開き方「人生のすべてを受け入れ消化する」

第四チャクラの詳細と開き方「自分を愛する!全てはそこから」

第五チャクラの詳細と開き方「精神性への扉を開く」

第七チャクラの詳細と開花方法「高次元と繋がる扉」

スポンサーリンク

自分を変える!おすすめ記事

1

瞑想をすることによってどのようなメリットがあり、どのような能力が獲得できるのでしょうか。今回は瞑想で獲得できる5つの基本的な能力と、さらに具体的な69個の能力を説明していきます。合わせて瞑想の効果が現 ...

2

瞑想を学んでみよう!と考える多くの方の目的は「自分を変える」「人生を変える」ことではないでしょうか。今日は瞑想にも通じる「自分を変える、人生を変えるシンプルで強力な方法」のご紹介です。   ...

3

ベルナール・パリッシーという陶工は1528年、カップに最高の光沢を持たせるための釉薬(うわぐすり)を見つけることを決意した。   何か月も何年もかかってさまざまな実験を試み、釉薬の原料を研究 ...

-・チャクラ瞑想

© 2021 『虹たも瞑想ラボ』