・チャクラ瞑想

第四チャクラの詳細と開き方「自分を愛する!全てはそこから」

スポンサーリンク

今回の記事では、第四チャクラの詳細から活性化・開花方法、瞑想法などを見ていきたいと思います。第四チャクラを活性化し開花させると「自分を大切にできる「人を思いやる心のゆとりが生まれる」「愛情深い人になれる」「孤独感から抜け出せる」などの効果があります。

 

第四チャクラの詳細

 

名前:第四チャクラ『ハートチャクラ』

第四チャクラは「ハートチャクラ」とも呼ばれます。「ハート」とは「胸」を意味します。

 

第四チャクラの位置

第四チャクラの位置は、その名前からもわかる通り、胸の中心あたりになります。

第四チャクラ ハートチャクラ ピンク 緑

 

第四チャクラの色

緑 又は ピンク  

 

第四チャクラの周波数

639Hz

第四チャクラに対応する身体の各器官

・心臓神経叢
・胸腺
・皮膚

第四チャクラのテーマ

各チャクラにはそれぞれテーマがあります。

第四チャクラのテーマは「愛と人間関係を信じること」です。

 

第四チャクラから与えられる課題

各チャクラにはそれぞれ克服すべき課題があります。

第四チャクラの課題は

「人を思いやる・慈しむ・愛を育む」
「人を許し、哀れみを持つ」
「自分を許し哀れみを持つ」
「無条件に与え、無条件に受け取る」

というものです。

 

第四チャクラが閉じていることで起こる不調

精神的不調

・なにか漠然と不調を感じる 
・人間関係で傷ついている
・自分を好きになれない
・過去から逃れられない
etc.

 

身体的不調

・背中の痛み ・心臓 ・呼吸器 ・喘息
・気管支炎 ・アレルギー ・胸(乳がん)
・肩 ・肺 ・手の疾患
  etc.

 

第四チャクラを乱す原因感情

・愛への執着 ・憎しみ ・拒絶感 
・悲しみ ・寂しさ ・孤独
・過去の呪縛
  etc.

第四チャクラが開いていると

・慈悲深くなる
・感情的な反応をしなくなる
・人を思いやることができる
・成長ホルモンの分泌を促し、女性は女性らしく、男性は男性らしい活力に満ちる
・人を許せるようになる
・誰からも好かれるようになる
  etc.

 

第四チャクラが開きすぎていることで起きる弊害

・執着心が強くなる
・攻撃的になる
・自分の思い通りにならない人が許せなくなる
・人に対して不寛容になる
・常に孤独を感じる
・呼吸器に不調が起こる
etc.

 

第四チャクラ詳細まとめ

ハートはそのまま心を表します。心に位置する第四チャクラは「愛」を司ります。これは恋愛的な愛だけではなく、母性的な、人類的な愛です。第四チャクラが活性化していると慈悲に満ちた成熟した人間となりますが、過不足のある場合には愛が転じて執着や怒り、不寛容に変わります。

職場や学校に嫌いな人がいたり、過去の出来事にとらわれている人は、このハートチャクラを活性化して、負の感情を浄化していく必要があります。

 

第四チャクラ開花に向けて

第四チャクラ開花のポイント

自分自身を愛することが第四チャクラ活性化のためのポイントになります。まずは身体を癒しましょう。温泉に行ったり、エステやマッサージなど癒しの時間をとるように心がけましょう。楽しく過ごす時間を増やし、ゆとりのある心の状態で多くの時間を過ごしてください。その心のゆとりが人への寛容さを生み、自分自身を好きになることにもつながります。最後には自分は誰からも愛されている存在だと認められるようにしていきましょう。

 

第四チャクラ開花のためのアファメーション

「私は私自身を愛しています」
「私は自分自身を一番に尊重します」
「私は自分自身を一番に信じています」
「私は私の一番の理解者です」
「私は惜しみなく与え、すべてを受け取ります」
「私は自分自身と同じように他の人々も無条件に愛します」
etc.

 

第四チャクラ開花のための瞑想

第四チャクラで行う瞑想の「身体的」効果

このチャクラで瞑想すると、愛に包まれた温かな心の状態を保つことができます。身体をリラックスさせ、肌の状態を整えることができます。また、霊的な力に目覚めはじめ、直感的な知識を得ることができるようになります。感覚器官を支配し、他人の身体に影響を与える力が身につきます。

 

第四チャクラで行う瞑想の「精神的」効果

このチャクラで瞑想すると、日々の生活の中で安心感や満足感を感じることができるようになります。また、あなたと触れ合う人が癒しを感じることができます。自分らしさを知り、愛情深く、思いやりに満ちた人になることができます。さらに、直感的な判断力が身につき、常に良識的、常識的な決断ができるようになります。

 

第四チャクラの開花のための瞑想

チャクラ開花のための基本瞑想に加えて、以下の瞑想を試みてください。

 

瞑想方法

楽な姿勢をとってください。歌詞のないゆったりとした音楽ならかけても構いません。準備ができたら目を閉じ、数回深呼吸をし、それからゆったりとした呼吸に移行していきます。

準備ができましたら、呼吸に意識を向けていってください。吐く息、吸う息に意識を向けてください。そして、その呼吸を普段よりも幾分か大きくゆったりとした呼吸に変えていってください。呼吸音が聞こえるほど力強く呼吸をしてください。

そして、この世界中で起きている不幸や苦しみを思ってください。近所の捨て猫の寂しさでも、世界の裏側で貧困に悩む子供たちの苦しみでも、最近恋人と別れた友達の悲しみでも構いません。

そして、その不幸、苦しみ、悲しみ、寂しさ、孤独感をイメージし、そのイメージを呼吸から吸い込んでください。そして、ハートチャクラまで落とします。吸い込んだ不幸、苦しみ、悲しみ、寂しさ、孤独感をハートチャクラのピンク(または緑)のエネルギーで包んでください。

そして、不幸、苦しみ、悲しみ、寂しさ、孤独感という暗いエネルギーを明るいポジティブなエネルギー、幸せ、喜び、楽しさ、明るさ、一体感といったものに変容させてください。

そして、ゆっくりと鼻から吐き出し、その明るいポジティブなエネルギー、幸せ、喜び、楽しさ、明るさ、一体感を彼らに送り返し、世界に注ぎ込んでください。

それを繰り返して、世界中のネガティブなエネルギーを浄化してください。

15分程度続けてください。

 

最後には、世界と自分がポジティブで暖かいエネルギーに包まれて祝福されていることを感じてください。

ーーー

数日にわたって数回続けてみれば、あなたはハートチャクラがどんなネガティブなエネルギーもポジティブに変換できる大きな力をもっていることを理解するでしょう。あなたの愛を持って変えられないものなどないと信じることができたら、あなたのハートチャクラのエネルギーはあふれ出していきます。


時間がない方にはこちらをおすすめ!全チャクラの一覧と詳細

時間がない方や、7つの全てのチャクラをまとめて見られるようにしたいという方にはこちらのnoteをおすすめしています。こちらは有料になりますが、第一チャクラから第七チャクラまで全てのチャクラをまとめてあります。

また、HPでは紹介していない「霊能者が霊視するチャクラ」の話を特別に載せてあります。「霊能者が霊視するチャクラ」というのは、チャクラのエネルギーを視覚化して視ることができる霊能者に、たくさんの人のチャクラを霊視して気づいたことを聞いてまとめた記事になります。

チャクラと霊の関係など、インタビューしながらも「なるほど!!」と思うことがたくさんありました。

それだけでもなかなか聞けない話になっています。また、冊子は、チャクラ関連の本を10冊くらい読むのと変わらないくらいの内容になっていると思います。分量は約2万5千文字で、冊子にすると55ページほどになります。要点のみをまとめてあるので、必要な個所を選んでお読みいただくことができると思います。

第一チャクラと第二チャクラの詳細は全て見れますので、気に入っていただけたらご購入いただければ幸いです。


 

※写真は冊子版になります。noteはファイル形式ですので写真とはデザインが異なりますが内容な全て同じとなっています。

その他のチャクラのリンクはこちら

 

全ての瞑想を行う前に!瞑想のための3つの準備!調身調息調心

チャクラ開花のための基本瞑想!色のイメージがチャクラを活性化!

 

 

第一チャクラの詳細と開き方「恐怖心を乗り越え前進する」

 

第二チャクラの詳細と開き方「全てを喜びに変えて生きる」

 

第三チャクラの活性化と開き方「人生のすべてを受け入れ消化する」

第五チャクラの詳細と開き方「精神性への扉を開く」

第六チャクラの詳細と開き方「霊的直観力と本物の瞑想」

第七チャクラの詳細と開花方法「高次元と繋がる扉」

スポンサーリンク

自分を変える!おすすめ記事

1

虹たも瞑想ラボは私たちの修業期間につき、 2021年6月8日から瞑想会、瞑想教室、お問合せなどの業務の一切を一時休止させていただきます。 また再開の目途が立ちましたらこちらでお知らせさせていただきます ...

2

瞑想をすることによってどのようなメリットがあり、どのような能力が獲得できるのでしょうか。今回は瞑想で獲得できる5つの基本的な能力と、さらに具体的な69個の能力を説明していきます。合わせて瞑想の効果が現 ...

3

瞑想を学んでみよう!と考える多くの方の目的は「自分を変える」「人生を変える」ことではないでしょうか。今日は瞑想にも通じる「自分を変える、人生を変えるシンプルで強力な方法」のご紹介です。   ...

4

ベルナール・パリッシーという陶工は1528年、カップに最高の光沢を持たせるための釉薬(うわぐすり)を見つけることを決意した。   何か月も何年もかかってさまざまな実験を試み、釉薬の原料を研究 ...

-・チャクラ瞑想

© 2021 『虹たも瞑想ラボ』