第五チャクラ 瞑想 青

・チャクラ瞑想会

第五チャクラの詳細と開き方「精神性への扉を開く」

スポンサーリンク

今回の記事では、第五チャクラの詳細から活性化・開花方法、瞑想法などを見ていきたいと思います。第五チャクラを活性化し開花させると「霊的な力の目覚め」「想像力の高まり」「自由な自己表現ができる」「自分らしさが見つかる」などの効果があります。

第五チャクラの詳細

 

名前:第五チャクラ『スロートチャクラ』

第五チャクラは「スロートチャクラ」とも呼ばれます。「スロート」とは「喉」を意味します。

 

第五チャクラの位置

第五チャクラの位置は、その名前からもわかる通り、喉のあたりになります。

 

第五チャクラの色

第五チャクラ 瞑想 青

第三チャクラの周波数

741Hz

第五チャクラに対応する身体の各器官

・頸神経叢(けいしんけいそう)

・甲状腺

・耳

 

第五チャクラのテーマ

各チャクラにはそれぞれテーマがあります。

第五チャクラのテーマは

「コミュニケーション、自己表現」

といったことが挙げられます。

 

第五チャクラから与えられる課題

各チャクラにはそれぞれ克服すべき課題があります。

第五チャクラの課題は

「精神性、創造力を高める」

「自己表現をする、選択をしていく」

「個人の表現と他者との調和をはかる」

「自己認識を深める」

「変化を受け入れる」

というものです。

 

第五チャクラが閉じていることで起こる不調

精神的不調

・言いたいことが言えない

・人や出来事への苦手意識

・過度な我慢

・内気になる

・批判的になる

・決断力が欠如する

etc.

 

身体的不調

・顎関節 ・噛み合わせ ・首 ・肩

・甲状腺 ・バセドウ病 ・喉 ・歯 

・聴覚 ・副鼻腔

  etc.

 

第五チャクラを乱す原因感情

・言いたいことが言えない

・失望や絶望を感じている

・不自由さを感じている

・感情を表現できない

  etc.

第五チャクラが開いていると

・思いを言葉にできる

・目的意識が備わる

・自制心が高まる

・人とのコミュニケーションが上手くいく

・環境の変化を受け入れられる

  etc.

第五チャクラが開きすぎていることで起きる弊害

・独断的になる

・思い込みや決めつけが激しくなる

・完璧主義になる

・他人に干渉しすぎる

・言葉にとげがでる

etc.

 

 

第五チャクラ詳細まとめ

第五チャクラは表現と自制のバランスで成り立っています。社会との関わりの中で自分をどう表現し、どう生きていくかという問題と直結します。そして、チャクラはここで人格的な一つの完成を迎えます。第一チャクラのテーマ「生存」から始まり、第二チャクラで「所有と分かち合い」を学びます。第三チャクラで「個」の確立をして、第四チャクラで「愛」を学びます。そして、その自己を社会で表現していくのがこの第五チャクラです。また、第二チャクラのエネルギーは第五チャクラに流れ込み、個というパーソナリティを離れてスピリチュアル的な存在へと昇華していきます。これまでの動物的な自己から、霊的な存在としての自己に移り変わっていくのが第五チャクラです。

 

第五チャクラ開花に向けて

第五チャクラ開花のポイント

第五チャクラを開花させるには表現していくことが必要です。SNSに投稿したり、ブログや日記を書くことも効果的です。必要に応じて、誰にも知られず自分の感情を表現する場を持つことも効果的です。もしなにかストレスに感じていることがあれば、自分でわかっていてもあえて紙に書き出してみましょう。また、自己のさらなる向上を志している方は、今後の目標を紙に書きだしてみてください。まずは、自分の思いを形にすることから始めましょう。他にも、新しい趣味を始めたり、引っ越しや転職をして環境を変えることも有効です。

思いをしっかり吐き出していくことで第五チャクラは整ってきます。

第五チャクラ開花のためのアファメーション

「私は私の好きなようにやる」

「私は私の行動の全てに責任を持ちます」

「私の自由を邪魔できる人はだれもいない」

「私の創造力はたくさんの人を幸せにするためにある」

「私の言葉は人を励まし幸せにする」

etc.

第五チャクラ開花のための瞑想

第五チャクラで行う瞑想の「身体的」効果

このチャクラで瞑想を行うと、甲状腺ホルモンの分泌が促され、喉気管機能が向上し、免疫力が高まります。また、ストレス除去やリラックスにも効果があり、体温や血圧が調整され、月経前症候群の緩和、炎症抑制などの効果があります。

 

第五チャクラで行う瞑想の「精神的」効果

このチャクラを意識した瞑想を行うと、冷静さが身につき、女性らしさが増します。また、精神性の向上、自立心の確立、母性が育まれます。心が平静になり、理性的な考え方ができるようになり、コミュニケーション能力や想像力が高まります。

 

第五チャクラの開花のための瞑想

チャクラ開花のための基本瞑想に加えて、以下の瞑想を試みてください。

 

瞑想方法

ここからはビジュアライゼーションを使った瞑想に入っていきましょう。まず、いつものように楽な姿勢をとってください。歌詞のないゆったりとした音楽ならかけても構いません。準備ができたら目を閉じ、数回深呼吸をし、それからゆったりとした呼吸に移行していきます。

呼吸が落ち着いたら想像してください。そして、声に出してハミングをしてください。自分の一番楽な音程で構いません。このとき、「Om(オーム)」という音を使ったり「Hum(フーム)」という音を使ってハミングしても構いません。5分程続けてください。

5分程度経ちましたらハミングを辞め、呼吸が落ち着くのを待って下さい。そして呼吸が落ち着いたら想像を始めていきます。あなたは今、人前に立って何かを話始めるところです。その場面は何千人も集まる講演会のような舞台でも構いませんし、教室の前に立っている所でも構いません。好きな人の目の前に立っているというイメージでも構いません。

イメージの中で周りの人は、あなたの話が始まるのを心から楽しみにしていると想像してください。彼らはあなたにとても好意的で、あなたの全てを受け入れてくれます。

そして、あなたは話始めます。あなたは、多くの人の前で、自分がどれだけ素晴らしい人間か、どれだけ頑張ってきたか、どれほどみんなから愛されるべき存在かを話します。話す内容はしっかりと詳細に頭の中で決めてください。

ここで、第三チャクラを開く瞑想の時に書き出した自分自身の長所を使いましょう。

※第三チャクラの詳細と開き方「人生のすべてを受け入れ消化する」(4.3.1瞑想方法より)

 

イメージの中であなたが話すたびに、聞いている人たちは称賛の拍手と笑顔をあなたに向けてくれます。

あなたはその達成感と優越感に浸ります。ここにはあなたの価値を認め、愛してくれるたくさんの人たちがいます。イメージの中でその感覚に浸ってください。最後に、「これこそがあるべき現実なのだ」と自分に言い聞かせてください。自分が多くの人たち、自分の好きな人に受け入れてもらい、愛され、求められているのだと感じてください。

そして、最後にイメージの中でみんなに感謝を告げ、意識を現実に戻してきましょう。

 

呼吸を見つめ、心の目で頭のてっぺんから指先、足のつま先までスキャンするように見渡します。そして、大きく数回深呼吸をします。最後に指先から少しずつ身体を動かしていき、瞑想を終えていきます。

 

あなたは誰からも愛され、受け入れられる存在です。

どうぞ自信を持って自分自身を表現していきましょう。


その他のチャクラのリンクはこちら

 

その他のチャクラのリンクはこちら

 

全ての瞑想を行う前に!瞑想のための3つの準備!調身調息調心

全ての瞑想を行う前に!瞑想のための3つの準備!調身調息調心

チャクラ開花のための基本瞑想!色のイメージがチャクラを活性化!

チャクラ開花のための基本瞑想!色のイメージがチャクラを活性化!

第一チャクラの詳細と開き方「恐怖心を乗り越え前進する」

第一チャクラの詳細と開き方「恐怖心を乗り越え前進する」

第二チャクラの詳細と開き方「全てを喜びに変えて生きる」

第二チャクラの詳細と開き方「全てを喜びに変えて生きる」

第三チャクラの活性化と開き方「人生のすべてを受け入れ消化する」

第三チャクラの活性化と開き方「人生のすべてを受け入れ消化する」

第四チャクラの詳細と開き方「自分を愛する!全てはそこから」

第四チャクラの詳細と開き方「自分を愛する!全てはそこから」

第五チャクラの詳細と開き方「精神性への扉を開く」:現在のページ

第五チャクラの詳細と開き方「精神性への扉を開く」

第六チャクラの詳細と開き方「霊的直観力と本物の瞑想」

第六チャクラの詳細と開き方「霊的直観力と本物の瞑想」

第七チャクラの詳細と開花方法「高次元と繋がる扉」

第七チャクラの詳細と開花方法「高次元と繋がる扉」

スポンサーリンク

自分を変える!おすすめ記事

1

埼玉県さいたま市で開催する瞑想会(1月24日)のご案内です。坐禅、マインドフルネス、イメージトレーニング、脳トレなども行っております。さいたま市、川越市、坂戸、小川町、上尾市、桶川市、北本市、川島町、 ...

2

瞑想を学んでみよう!と考える多くの方の目的は「自分を変える」「人生を変える」ことではないでしょうか。今日は瞑想にも通じる「自分を変える、人生を変えるシンプルで強力な方法」のご紹介です。   ...

3

ベルナール・パリッシーという陶工は1528年、カップに最高の光沢を持たせるための釉薬(うわぐすり)を見つけることを決意した。   何か月も何年もかかってさまざまな実験を試み、釉薬の原料を研究 ...

-・チャクラ瞑想会

© 2021 さいたま瞑想ラボ