・仏典をゆる~く読む 【朗読】

仏教の聖典「仏典」をゆる~く読む【第一章求道第一節世尊の前身】

スポンサーリンク

今回から、仏教の聖典である仏典を読んでいきたいと思います。

瞑想は仏教を原点とする部分も多くありますので、仏典を学び、仏教の考え方を知ることで瞑想の深い理解にもつながることと思います。

 

今回から、仏典をゆる~く読んでいきたいと思います。

 

仏教の聖典「仏典」の朗読音声

それではさっそくお聞きください。

第一回目の今回は仏典の第一章「求道」第一節「世尊の前身」というお話をお聞きいただきます。

 

 

 

音声の中に出てくる単語

世尊(せそん):悟りを得た人の呼び名

須弥陀(スメーダ):お釈迦様の前身(前世)

蘭摩(らんま)の町

燃灯仏(ねんとうぶつ):仏様

 

 

 

スポンサーリンク

自分を変える!おすすめ記事

1

埼玉県さいたま市で開催する瞑想会(1月24日)のご案内です。坐禅、マインドフルネス、イメージトレーニング、脳トレなども行っております。さいたま市、川越市、坂戸、小川町、上尾市、桶川市、北本市、川島町、 ...

2

瞑想を学んでみよう!と考える多くの方の目的は「自分を変える」「人生を変える」ことではないでしょうか。今日は瞑想にも通じる「自分を変える、人生を変えるシンプルで強力な方法」のご紹介です。   ...

3

ベルナール・パリッシーという陶工は1528年、カップに最高の光沢を持たせるための釉薬(うわぐすり)を見つけることを決意した。   何か月も何年もかかってさまざまな実験を試み、釉薬の原料を研究 ...

-・仏典をゆる~く読む, 【朗読】

© 2021 さいたま瞑想ラボ