瞑想の手の形,瞑想の時に手はどうするの?

座り方

ヨガには「ムドラー」といって、

手にもたくさんのポーズがあり、

その一つ一つにそれぞれの効果があるとされます。

 

手にもたくさんのツボがあることを思えば、

特定の形を作ってツボを刺激して、

身体に影響を与えることもできる

のではないでしょうか。

 

瞑想とムドラーを合わせて行うことは

とても効果的ではありますが、

基本的には、楽な位置に手を置けばよいです。

 

手の位置にうるさいのは、

曹洞宗や臨済宗といった禅宗です。

 

坐禅をするときには、

ぜひこだわってもらいたいのですが、

日常の瞑想では、

まずは楽な手の位置で行ってください。

 

ちなみに、瞑想と坐禅の違いはなにか。

坐禅は瞑想の究極の形です。

 

瞑想は人間の能力を底上げするスキルです。

坐禅はスキルではありません。

在り方です。

 

その辺はまた詳しく書いていきます。

(瞑想と坐禅の本質的な違い)

 

それでは、

手の組み方のおすすめの方法を

いくつかご紹介します。

 

その①

まずは、一番簡単な方法です。

手のひらを上にして、

ヒザの上に置きます。

ヨガから瞑想を学んでいる人は

この手の位置が多い気がします。

 

その②

親指と人差し指でわっかを作り、

「その①」と同じようにヒザの上に置きます。

 

その③

これは曹洞宗で使われる手の組み方です。

指を重ねて、親指を合わせて、

写真のようにわっかを作ります。

組み合わせる手は、

右が下でも、左が下でも構いません。

ただ、組んで上になった足と逆の手を下にして組むと

安定する人が多いので、参考にしてください。

私の場合は、左足より右足が上になっているので、

左手が右手の下になっています。

 

※厳密にいうと、曹洞宗では右手のひらを下にします。

また、真言宗で行われる阿字観などでもこの手の形を用いますが、

その際は左手のひらが下になります。

 

この組み方は、組んだ手を足の裏に乗せるので、

安楽座などの足の組み方の場合には、

ちょっと辛いかもしれません。

結跏趺坐や半跏趺坐の場合に用いてみてください。

 

その④

これは臨済宗で用いられる組み方です。

まず、左手の親指を右手で握ります。

そして、左手の残りの指で右手を包みます。

そのまま、足の上に置きます。

この方法も、足の上に置くため、

結跏趺坐や半跏趺坐で用いるのが

楽かもしれませんね。

 

 

基本的に、手の位置は

自分の楽な位置でいいのですが

不安定な場所に置くと、

姿勢が崩れる原因になります。

 

しっかりと背骨をたて、

不安定にならない場所に手を置いてくださいね。

 

また、呼吸法などを併用して瞑想を行う場合には、

手の位置をお腹の前に置くと圧迫感があり、

集中の邪魔になることもあります。

 

その際にはやはり、膝の上に置くのが楽かもしれませんね。

 

こちらもあわせてどうぞ♪

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました