・瞑想を学ぶ、始める

瞑想の姿勢おすすめは3つ!【安楽座】編

スポンサーリンク

安楽座は長時間座るのに一番よい姿勢です。

 

10日間で100時間瞑想する

「ヴィパッサナー瞑想センター」

では、この姿勢で座っている人が圧倒的でした。

 

それでは安楽座の座り方です。

 

③安楽座

まず、左足を身体に引き寄せます。

 

そして、右足を左足の前にひきつけます。

半跏趺坐のように足をモモの上には乗せません。

 

 

こちらも左右どちらの

足が手前でも構いません。

ご自身が楽な方で足を組んでください。

 

 

※写真はすべて坐蒲(坐禅用のクッション)

を利用しています。

坐蒲についてはこちら

瞑想に必要な道具は!?瞑想用座布団のおすすめは!?

 

スポンサーリンク

自分を変える!おすすめ記事

1

虹たも瞑想ラボは私たちの修業期間につき、 2021年6月8日から瞑想会、瞑想教室、お問合せなどの業務の一切を一時休止させていただきます。 また再開の目途が立ちましたらこちらでお知らせさせていただきます ...

2

瞑想をすることによってどのようなメリットがあり、どのような能力が獲得できるのでしょうか。今回は瞑想で獲得できる5つの基本的な能力と、さらに具体的な69個の能力を説明していきます。合わせて瞑想の効果が現 ...

3

瞑想を学んでみよう!と考える多くの方の目的は「自分を変える」「人生を変える」ことではないでしょうか。今日は瞑想にも通じる「自分を変える、人生を変えるシンプルで強力な方法」のご紹介です。   ...

4

ベルナール・パリッシーという陶工は1528年、カップに最高の光沢を持たせるための釉薬(うわぐすり)を見つけることを決意した。   何か月も何年もかかってさまざまな実験を試み、釉薬の原料を研究 ...

-・瞑想を学ぶ、始める

© 2021 『虹たも瞑想ラボ』