・瞑想を学ぶ、始める ・瞑想Q&A

瞑想に必要な道具は!?瞑想用座布団クッション(座蒲:ざふ)のおすすめは!?

スポンサーリンク

瞑想は慣れてくれば、

特別必要なものはありません。

 

だけど、長時間座るにはやはり、

坐禅用の道具に

少しこだわりたいところです。

 

瞑想に必要なものは2つ

座布団と坐蒲(ざふ)
※座蒲とも書きます。

です。

座布団はできれば、

ヒザがでない普通より大きめサイズの

ものが良いです。

しかし、あまり売っていません。

私の座布団も、ヒザが出ています。

標準的なサイズです。

座布団があまり小さすぎず、

おしりとヒザが安定すれば大丈夫です。

 

坐蒲(ざふ)というのは、おしりの下に敷く

厚みのあるクッションです。

これがあるのとないのでは、

姿勢の安定感が全然違います。

 

座布団が2枚あれば、

1枚は普通に敷いて、

もう一枚は2重に折って、

その上に座るというのも方法です。

 

ただ、坐蒲は4000~5000円前後で売っており、

10年以上は使えるものですので、

 

本気で瞑想を始めるなら、

購入されてもよろしいのではないかと思います。

 

Amazonで購入を検討されるなら、

滝田商店というところの座蒲、一択ではないでしょうか。

 

 

実際に購入したことはありませんが、

瞑想会の参加者さんが購入されたものを触らせてもらいました。

固さもしっかりあります。

サイズは、標準的な男性なら30センチでよいと思います。

体格が大きめなら33cmがおすすめです。

座蒲は、その素材も大事なのですが、

僕の好きな標準的な布地でできていました。

※素材によってはお尻が滑りやすいものがあります。

 

女性であれば27センチのもので充分だと思います。

 

ちなみに、私が使っているものは、

「お仏壇のはせがわ」で取寄せてもらえる物です。

ここの物が硬さと大きさが私にあっています。

 

瞑想をどれだけできるかわからないから、

できればお金をかけたくない

というのでしたら、

ダイソーで売っている

200円の「ヨガブロック」

というのがおすすめです。

厚みと硬さが意外とちょうどよく、

この上にバスタオルを敷いたり、

クッションを乗せたりすれば、

瞑想用にピッタリです。

ただ、1時間以上の瞑想になってくると、

やはり硬すぎる感は出てきます。

 

その外にも枕を代用する、

雑誌を重ねて使う、

クッションカバーにいらなくなった

Tシャツなどを詰めて、自分で作るなど、

坐蒲の代わりはたくさんあります。

 

姿勢が安定するものを探してみてくださいね。

 

 

後記

座布団はなくても構いませんが、

座蒲(または座蒲に代わるもの)だけはあった方が良いと思います。

瞑想は必ずしも姿勢にこだわりませんが、

正しい姿勢を作ることにはとてもたくさんの効用があります。

ぜひ、ご自分の瞑想道具を決めてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

自分を変える!おすすめ記事

1

虹たも瞑想ラボは私たちの修業期間につき、 2021年6月8日から瞑想会、瞑想教室、お問合せなどの業務の一切を一時休止させていただきます。 また再開の目途が立ちましたらこちらでお知らせさせていただきます ...

2

瞑想をすることによってどのようなメリットがあり、どのような能力が獲得できるのでしょうか。今回は瞑想で獲得できる5つの基本的な能力と、さらに具体的な69個の能力を説明していきます。合わせて瞑想の効果が現 ...

3

瞑想を学んでみよう!と考える多くの方の目的は「自分を変える」「人生を変える」ことではないでしょうか。今日は瞑想にも通じる「自分を変える、人生を変えるシンプルで強力な方法」のご紹介です。   ...

4

ベルナール・パリッシーという陶工は1528年、カップに最高の光沢を持たせるための釉薬(うわぐすり)を見つけることを決意した。   何か月も何年もかかってさまざまな実験を試み、釉薬の原料を研究 ...

-・瞑想を学ぶ、始める, ・瞑想Q&A

© 2021 『虹たも瞑想ラボ』