・仏典をゆる~く読む

仏典をゆる~く読む【第一章求道 第二節誕生】

仏典をゆる~く読むの第二回目です。 前回はお釈迦様の前世のお話でした。お釈迦様が生まれるずっとずっと昔、お釈迦様はスメーダという修行僧でした。スメーダは燃灯仏という仏様に出会い、やがて立派な仏になれると予言されます。 そして、スメーダはとうとう、この世で多くの人々を救うためにお釈迦様となって生まれ変わります。     第一章求道第二節誕生 用語解説 菩薩となった須弥陀(スメーダ)が誕生に選んだ場所 迦維羅城(カピラワット) 釈迦族(しゃかぞく) 喬答摩家(ゴータマ家) 浄飯大王(じょう ...

仏教の聖典「仏典」をゆる~く読む【第一章求道第一節世尊の前身】

今回から、仏教の聖典である仏典を読んでいきたいと思います。 瞑想は仏教を原点とする部分も多くありますので、仏典を学び、仏教の考え方を知ることで瞑想の深い理解にもつながることと思います。   今回から、仏典をゆる~く読んでいきたいと思います。   仏教の聖典「仏典」の朗読音声 それではさっそくお聞きください。 第一回目の今回は仏典の第一章「求道」第一節「世尊の前身」というお話をお聞きいただきます。       音声の中に出てくる単語 ・世尊(せそん):悟りを ...

© 2021 さいたま瞑想ラボ