趣味を持つなら絶対コレ!瞑想にも合う最強の趣味

・投資

宇宙や人間の本質というのは、

瞑想や仏教哲学を通して知ることができます。

では、社会の本質というのは何を通して知るのでしょうか。

 

今日は瞑想とお金の話です。

 

スポンサーリンク

社会の本質とは

社会の本質とは何か、

それは、時代や場所によって違います。

今の時代の日本であれば「経済」です。

経済が今の日本の社会のカラダだとすれば、

お金は血液です。

 

国民は細胞の一つ一つというところです。

 

そんな経済社会は「資本主義」と呼ばれたりしますが、

この資本主義社会で僕たちには3つの選択肢が与えられています。

 

①自分が働く

②人を働かせる

③お金に働いてもらう

 

働かないという選択肢は、

法律的に見ればありかもしれませんが、

経済社会の構造から考えると、

与えられていません。

 

①は労働者です。これは権利であるとともに、時代を見れば「義務」という側面も強くありました。これは、どんな時代の社会でも一番基本的なものです。そしてこれは、自分の命の時間を売って対価を得ることでもあります。

 

②は経営者です。これも昔からありましたが、生まれなどで決められる特定の身分の人だけが選べる選択肢でした。現在では、能力さえあればだれでも経営者になれます。人を使えるようになると、自分一人ではできなかった大きな仕事をこなし、莫大な収益を上げることができるようになります。

ただ、これは個人の能力に左右されるものです。

 

③は投資家です。これは特に資本主義社会の産物です。「投資」というものを広く考えれば、資本主義社会以前からありました。しかし、現代社会のように、お金にお金を生ませることが誰にでもできるような状態は今の世が初めてです。

 

多くの人が①の状態であると思います。

しかし、そもそも①の社会参加というのは、

奴隷制の時代でも、社会主義の国でも同じです。

 

本当に今の資本主義社会の恩恵を受けようと思ったら、

②経営者か③の投資家という選択肢も考えてみるべきです。

 

日本に起業家が少なかったり、

お金に対する教育が極端に遅れているのは、

そういう本質的な部分に気づいていないせいです。

 

今の時代の最大の恩恵を受けようと思ったら、

起業して経営者となるか、

あるいは投資というスキルを身につけるべきです。

 

まして、これからの時代、

海外から低賃金で働く労働者がたくさん来ますし、

AIや大手企業をリストラにあったエリート達と職を取り合う時代です。

 

「労働」だけを中心に人生設計を立てていては、

将来の貧困からは逃れられません。

 

ただ、②経営者というのは、

1年2年で手に入れられるスキルではなく、

生まれ育った環境やこれまでの経験が大いに影響します。

そのため、成功するのはなかなか難しいと思います。

 

しかし、③の投資というスキルは、

だれでも訓練することができ、

その見返りも莫大なものです。

 

投資が一般的でなく、

とっつきにくいイメージがあるのは、

そういった勉強をしてこなかったせいもありますが、

投資に関する詐欺まがいの情報や商品が多く出回りすぎているせいもあります。

 

ただ、それらは、投資自体が悪いのではなく、

楽して儲けたいという私たちの心の隙間に悪者が入り込んでくるというだけの話です。

 

自分自身で適切に投資を学び、

そのスキルを身につければ、

将来の生活に備えることができます。

 

また、物事の本質をとらえるという上でも、

投資は最高の教材になります。

 

もし今、なにも趣味がないというのなら、

「トレーディング」という趣味を始めてみてはどうですか?

 

投資は、心を鍛え、

本質を見る目を磨き、

お金を増やすことができる最高のスキルです。

 

趣味だと思って3年、5年と続ければ、

資産形成のスキルとして必ず役に立ちます。

 

それはお金という財産だけの話ではありません。

むしろ、ある程度最初のうちはお金を失うかもしれません。

だけど、物事の本質を見抜く目は相当に養われます。

 

どんな趣味も学びも、

お金がかからないものはありません。

得られるものが大きければ大きいほど、

支払うべき対価も大きいはずです。

 

投資というのは、「資本主義」という学校の中で、

自分の器を磨く勉強です。

 

投資は学歴も年齢も一切関係なく、

だれにでも大きなチャンスを与えてくれます。

 

ただもちろん、その勉強料は投資の学校とか、情報商材に払ってはいけません。

多くの場合それは詐欺か、あるいは効果がありません。

 

自分で学ぶことです。

自分で学ぶこと、自分で考えることを放棄した人間は、

資本主義社会ではカモです。

 

投資の世界では、間違った考えをすればすぐに身をもって教えられます。

厳しさもありますが、その恩恵も絶大です。

 

まずは、お金を稼ごうと思わず、

人生を学ぼうと思えば、

投資は今の社会で最強の趣味になります。

 

本質的なものの見方を教えてくれる投資は、

瞑想ともとっても相性がいいんです。

 

後記

 

個人的には、投資というのは女性にこそ向いているのではないかと思っています。

なぜなら、

・男女平等社会とはいっても、まだまだ女性の社会参加への理解が行きわたっていないこと

・出産などで勤めに出ることが厳しくなることがあること

・まだまだ女性が家庭を守っている家が多く、仕事との両立で苦労していること

・男性より女性のほうが節制が得意であること

・精神面で本当に強いのは男性よりも女性であること

などの理由から、投資というものを収入源の一つするメリットが大きくまた、投資と向きあう資質も高いと思うからです。もちろん、個人差があるのは当然の前提です。

 

たぶん、多くの方が一度くらいは、株やFXや投資信託をやってみたことがあるというと思います。ただ、それはだいたいの場合「投資をした」のではなく、投資のツールを使って「ギャンブルをした」だけです。投資というのは、お金を稼ぐことではなく、合理的な判断をすることです。

その結果、お金が増えていきます。もし、「上がるか下がるかになんとなくかけてみた」「上がるといわれたから買ってみた」ということであればそれは宝くじを買ったのと同じです。投資をしたうちには入りません。

本物の「投資」の視点は、ワクワクするほど面白いですよ^^

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました