自分を変える!人生を変える!シンプルで強力な方法!

【瞑想】

瞑想を学んでみよう!と考える多くの方の目的は「自分を変える」「人生を変える」ことではないでしょうか。今日は瞑想にも通じる「自分を変える、人生を変えるシンプルで強力な方法」のご紹介です。

 

スポンサーリンク

自分を変える!人生を変える!シンプルな方法

少しご自身の人生を振り返ってみてください。今まで、自分の人生が劇的に変わった時、自分が劇的に変わった時というのはどのようなときだったでしょうか。

それは多分、多くの場合「人に出逢った時」だと思います。

人生で直面するあらゆる問題は、適切なタイミングで適切な人と出逢うことでほとんど解決してしまいます。

例えば、生きがいがなく自分の生きる目的を失っている人でも、自分のことを思ってくれる異性が現れたら激変します。身内や配偶者を亡くした場合であってもそうです。心の隙間を埋めてくれる異性が現れれば心は暗闇から抜け出します。

お金に困っていたとしても、仕事を提供してくれる人と出逢えば問題は解決しますし、極端な話、お金を援助してくれる人と出逢うこともないわけではありません。

また、それほど深刻な問題ではなく、毎日の日常に退屈しているといったような場合でも、価値観を共にする良い仲間と出逢えれば日常は充実します。

好きなことも趣味も特にないという方もたくさんいますが、そういう人でも、誰かと出逢うことで世界が広がるということが良くあります。

自分の人生を振り返ったとき、「あの人と出逢っていなかったら今頃自分はどうなっていただろうか」「あの人と出逢っていなかったらあの時どんなことになっていただろうか」と思うことがたくさんあると思います。

それは良い意味でも悪い意味でもあります。

学生の時を一緒に過ごした親友と出逢っていなかったら、自分はどんな学生時代を過ごしていただろうか、あの会社にあの人がいなかったら自分はまだ働いていただろうか、初めて付き合った人があの人じゃなければその後どんな恋愛観を持っていただろうか、などなど。

人との出逢いによって変わった人生の転機がたくさんあるはずです。

つまり、

「人生を劇的に変えるためには人と出逢うこと」

これこそが、人生を変えるシンプルで強力な方法です。

 

もちろん、シンプルというのは「単純」ということですから、「簡単」ということではありません。多くの人は人との出逢いなんて宝くじでも買うような「運」次第だと思っていますがそうではありません。人との出逢いも瞑想によってしっかりと引き寄せることができます。

 

適切な人との出逢いを引き寄せる方法を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

人と人との関係は常に等価交換

これは宇宙の法則でもありますが、私たちがなにかを求める時、必ずそれに見合った対価を提供しなければなりません。特に人と人との付き合いを見てみてください。

私達が人と付き合う時は利害関係で付き合うか必要に迫られて付き合うかしかありません。

例えば、SNSなどでは、価値観が合わないと思ったらフォローを外したりブロックしたり関わらないようにします。それは、自分に利益がないと感じるからです。しかし、学校や会社では業務上の利害関係から必要に迫られて付き合うしかない場合もあります。

また、この人と結婚したいと思って結婚しても、その人の家族のことは好きではなかったとします。それでもやはり最低限の付き合いは続けなければなりません。それは必要に迫られた付き合いです。

良い人間関係というのは、お互いが等しい価値を提供しあっている時に生まれます。

逆にいえば、その価値の提供が偏っているとどちらかが思い始めると、人間関係は破綻し始めます。

 

例えば、夫婦間であれば、旦那さんは仕事して給料を家に入れることが自分が提供する価値だと思っているとします。だから、家のことや子育てには一切手をつけません。奥さんは、旦那さんが働いている時間は自分も家事をしているのだから自分も同じように頑張っていると考えているとします。

そうすると、土日は家にいて家事も手伝わない旦那さんに対して、土日も休みなく家事に追われ働いている奥さんは「土日くらい手伝ってくれてもいいじゃない」となります。

もちろん、自分で思っていることと実際の価値が違うことはあります。

例えば旦那さんが1000万、2000万の給料を家にいれていたとしても、家事を手伝わないと不平不満をいう奥さんもいるはずです。

ただ大切なことは、

「自分が提供しているものと相手が提供しているものの主観的な価値観が見合っているか」

ということです。

 

人の価値観は様々です。

「相手の容姿や年齢なんて関係なく、なにをおいても料理の上手さが一番大切だ」と思う人もいれば、「いやいやとにかく容姿こそが第一」「なんでもよいから年収の高い人」という人もいます。

それのどれが良いということではありません。

ここで大切なことは、

 

「自分が欲しい価値を持っている人の欲しいと思うものを自分が提供できるかどうか」

ということです。

例えば単純な話ですが、自分がいくらディズニーランドに行きたいと思っても8,200円払えなければ入れてもらえません。

自分がいくら欲しいと思っても、自分が提供できる対価が相手の要求に答えられなければ手に入れることはできません。

もし、自分が提供できる対価が5000円しかないのだとしたら、サンリオピューロランド(3,300円)あたりで妥協するしかないかもしれません。

※もちろん、ディズニーランドよりサンリオに価値を見出す人はいます。あくまで例えです。

自分が提供できるものと、相手が要求するものが見合わなかった場合、選択肢は2つだけです。

 

諦めて価値を下げたものを探す。または、自分の持っている価値を高めることです。

いずれにしても、まずやるべきことがあります。

それは、自分自身がなにを欲しいかを明確にすること、それから、自分がなにを提供できるかを明確にすることです。

 

スポンサーリンク

自分がなにを求めているかを書き出しましょう

それでは、ここからは必要な人を引き寄せるための具体的な方法について書いていきます。まず大切なのは自分がなにを求めているかを明確にすることです。

まずは

①自分がどんな人生を送りたいのか

②自分がどんな人間になりたいのか

③自分がどんな生活を送りたいのか

④自分にはなにがあれば幸せなのか

⑤自分はどんな人といると幸せなのか

⑥自分は自分が付き合う人にどんなことを求めるのか

⑦自分を変えてくれそうな人はどんな人だろうか

ということを具体的に書き出してみてください。

 

こういったことを明確にせず人と出逢うということは、買うものを決めずに買い物に行って適当に手元の食べ物を買ってくるようなものです。だから、たまたま美味しいものもあれば自分が嫌いなものを買ってきてしまこともあります。もちろん、そのお陰で自分では選ばないようなものを買って世界が広がるということもあります。

ただそれはそれです。買いたいものを決め、一直線にそれを手に取り買い物を終わらせることが大切です。私たちの目的は「買い物」自体ではありません。買ったものをどう使うかです。

人生という限られた時間を有効に使うためにも、自分の人生に必要なものを明確にして、その目的に一直線に進んでいくことが大切です。そしてそれを使って「幸せ」を手に入れていきます。

人と出逢うことは手段であり目的ではありません。出逢いをどう使って幸せな人生を築いていくかがとても大切です。

 

そのために、必要なものを明確にしていきましょう。

上記の7項目は「幸せ」という料理を作るための「材料」です。

 

スポンサーリンク

自分がなにを提供できるかを書き出しましょう

自分が求めているものを明確にしたら次に「自分がなにを提供できるのか」を書き出しましょう。

これは異性との出逢いを求める人に見られる傾向なのですが、相手に求めることや理想は持っているのに、それに対して自分がなにを提供できるのかをしっかりと自覚している人はあまりいません。

人と人との付き合いの基本は異性であっても同性であっても同じです。

相手に求めることがあるのなら、代わりに自分がなにを提供できるかをしっかりと明確にしておかなければなりません。

 

①自分の良さ、長所はなにか

②自分と居ると相手にはどんなメリットがあるか

③自分は相手をどんな風に幸せにしてあげることができるか

④自分の悪いところ、短所はなにか

⑤自分の短所と長所を相殺しても、長所の魅力が勝てるか

⑥相手は自分と居ることで幸せになれるか、またなぜなれるのか

⑦自分は相手になにを提供し、なにをしてあげるのか

ここでは謙遜はいりません。自分が人に提供できる価値を余すところなく書いてください。もしここで謙遜し「自分にはなにもない」というのでしたら、あなたと付き合っている人はみな、「必要に迫られてあなたと付き合っている」人になってしまいます。また逆にもしあなたが周りの人に感謝をしているのだとしたら、自分は何もせずただ恩恵を受けているだけの人になってしまいます。

謙遜というのは時に必要ですが、それ以上に正しく客観的に自分自身を評価していくということも大切です。

もちろん中には、なにも提供できていないのに「自分にはこんなに魅力があるのに結婚できない、友達が少ない」と思っている人もいます。

不足することなくまた過分すぎることなく自分を評価していきましょう。

 

スポンサーリンク

自分の求める人がどこにいるかを考える

ここまでできましたら次にすることは、自分が理想とする人がどこにいるかを考えていきましょう。

釣りに例えますと、鯛を釣りたいと思って琵琶湖に釣り糸を垂らしても鯛は釣れません。鮎を釣ろうと思って水たまりに釣り糸を垂らしても鮎は釣れません。

しかし、多くの人がそれと同じことをしています。

理想の人と出逢いたいと言いながら、自分の生活圏内を変えず、行動も変えません。今の自分の周りには今の自分のレベルにあった人しかいません。つまり、明日も変わらないための環境しかありません。もし、自分を変え人生を変えようと思ったら、自分を変えてくれる人と出逢わなければなりません。

そのためには、自分を変えてくれる人がいる場所に行かなければいけません。

普段行く居酒屋とは違う場所に行ってみる、いつもと違う場所で服を買うようにする、地元ではなくて高級な土地柄のジムに通ってみる、などなど。

人はそれぞれのレベルに合った場所に生息しています。

自分が居心地が良いと感じる場所にいたのではいつまでたっても自分を変えてくれるような人との出逢いは訪れません。

自分が出逢いたい人はどんな人か、その理想の人はいったいどんな生活圏で生活をして、どんな人と付き合っているのだろうか、など、想像力を豊かにして自分の人生を変えてくれそうな人がいる場所を見つけてみてください。

 

スポンサーリンク

自分をアピールするには相手の問題を知り解決案を提供する!

例えば、買い物に行って、商品の棚にパッケージがなにも無くてなんの説明もない商品が並んでいたらどうでしょうか。きっと誰も買う人はいないはずです。

人と人との出逢いもそれと同じです。

道行くすれ違う人はなんのパッケージもついていません。だから、その人がいい人か悪い人か、自分に合うか合わないかなんてわかりません。私たちは、会社の同僚、ご近所さん、クラスメイトなど、何かのご縁で近づいた時、少しずつその中身を知っていくことで相手を理解していきます。

しかし、社会人になり年齢を重ねていくと、そのように自然とお近づきになる機会が少なくなってきます。それが大人になると出逢いが減る原因の一つでもあります。

学校や会社など強制的に何度も会わなければならない状況であれば、自分から積極的にアピールしなくても、ちょっとしたきっかけで相手の良さに気づき、また自分の良さに気づいてもらうこともできます。

しかし、大人になるとそういう機会も減ります。そこで、出逢いの可能性を最大限に引き出すためには、早い段階で自分の魅力を相手に伝えなければなりません。

もちろん、自分の長所を首から下げて歩くわけにはいきませんので、「私は料理がとっても上手いです」とか「自分と結婚したら毎日マッサージしますよ」なんていう風に直接的なことは言えません。

そこで、ここがちょっと難しいポイントなのですが、

人と出逢った時には常に、

 

「この人に私がしてあげられることはなにかないだろうか」

 

という気持ちで向き合い話をすることが大切になります。

人と人とが価値を等価で交換するということはつまり、

相手(自分の)の問題を解決してあげることでもあります。

人がなにかを求めるということはそれが不足しているということです。

不足しているということはそこに問題が生まれます。

 

「料理が上手い人」を探している人であれば、

食生活などに問題があります。

 

「収入が高い人」を探しているのであれば、

手に入れたいものが買えないことなどに問題があります。

 

「優しい人」を探しているのであれば、

心の平穏さなどに問題があります。

 

求めるということはなにかの問題提起です。

そしてそれは注意深く会話を聞いていれば必ず知りえることができます。

 

あなたがすることは、相手の持っている問題を見逃さず、

その問題の解決案をさらりと提案してあげることです。

 

例えば、

「最近ろくなもの食べてないな」といわれたら、

「私最近、栄養価を考えた料理に凝ってるんです。年齢を重ねると食の大切さって身に染みてきますよね」

とか、

「今欲しいカバンがあるんだ」という人がいたら、

「どこのカバン? 僕もたまに女性にプレゼントをあげなきゃいけない時に何あげるかで悩むことって結構多くてさ、今後の参考になるかもしれないから教えてくれない?」

とか、自分が相手の問題の解決策を持っていることをさりげなくアピールします。

 

もちろんこれは小手先の技術ではないので、先に書いてもらった自分の価値を本当に提供できる時だけに限ります。相手が魅力的だからと言って料理もできない「料理に凝っている」と言ってはいけないのは当然です。

逆にいったら、自分が提供できる価値があるのに、それをアピールしなければ、それを欲しい人がいたとしても気づいてもらえません。

 

相手が求めているもの、

相手の抱えている問題に常に注意を向け、

自分が提供できる価値はなにか、

自分が相手にしてあげられることはないかを常に考える

 

それができれば必ず自分を変える運命的な出会いは引き寄せられます。

 

スポンサーリンク

自分を変えてくれる人とは必ず出逢える

ここまで、例え話が恋愛的な内容が多くなってしまいましたが、それは恋愛の基本的な考え方が人付き合いの全てに共通するからです。

特に恋愛は利害関係が明確で、それがなくなれば関係が終了します。そういう意味でもとても分かりやすいと思います。

もちろん、ここで挙げた内容は恋愛だけのことではありません。

性別も年齢も国籍もなにも関係なく、自分を変えてくれる人との出逢いすべてに共通する要素です。

 

運命を変える人と出逢えないのは、あなた自身がどんな人と出逢えばよいのか明確にしていないこと、そして、相手があなたを求めていないことが主な原因です。

なので、あなたがどんな人と出逢いたいかをまずは明確にし、そしてその中から、あなたの魅力を「欲しい」と思う人にしっかりと届けることが大切です。

 

 

スポンサーリンク

全力を「出逢い」の一点に集中させる

もし、今人生に行き詰まりを感じているとしたら、全力で運命の人と出逢うことに力を注ぐことをおすすめします。何度も言いますがそれはもちろん異性ということではありません。

自分の人生の転機となるような人との出逢いです。

人生の行き詰まり、日々の生きがいの無さ、仕事や金銭面から対人関係の問題、精神的肉体的な問題に至るまで、たった一人の人との出逢いで好転させることができます。

 

自分の力ではもはやどうしよもないと感じたときには、自分一人で変えようとするのではなく、自分を変えてくれる誰かを引き寄せてください。そして、その対価として自分が提供できるものをしっかりと用意しておいてください。

 

スポンサーリンク

祈りを届けて運命の人を引き寄せる瞑想法

どんな姿勢でも構わないので、15分間動かずにいられる姿勢をとってください。そして、下記を参考に呼吸と心を整えていきましょう。

全ての瞑想を行う前に!瞑想のための3つの準備!調身調息調心
【瞑想を始める前の準備】どんな種類の瞑想を始める前にも、以下の3つのものを調えて瞑想の準備をしていきます。①姿勢、②呼吸、③心、です。今回はこれら3つの調え方を音声ガイダンス付きで紹介していきます。

 

歌詞の無いゆったりとした音楽であればかけても構いません。

 

目を閉じて穏やかな気持ちで想像していきます。

 

自分が一緒にいて最高に居心地の良い人

自分が一緒にいて最高に頼もしい人

自分が一緒にいて最高に楽しい人

 

そんな人を想像してください。

そして、その人と居れば、どんな逆境も乗り越えていけるような、

どんな問題も笑い飛ばせそうな、そんな心強さを感じてください。

 

イメージが鮮明であればあるほど良いです。

 

可能であれば過去の出来事を振り返って、

自分が最高に自信があった時に一緒にいた人、

最高の時間を過ごした人とのことを思い出して、

その時の気分に浸っていただいても構いません。

 

想像の中で自信に満ち溢れた自分自身を感じてください。

10分間くらいそのイメージワークを続けていきます。

 

それが終わりましたら、残りの時間で今度は祈りを捧げていきます。

 

私に幸せにしてほしい人に思いが通じますように

私はまだ出逢わぬあなたを必ず幸せにします

私はあなたと共に最高の人生を送ります

私にはあなたと出逢う準備ができています

私はあなたを幸せにし、あなたは私を幸せにしてくれます

私達の出逢いが私たちの周りの全ての人たちも幸せにしてきます

 

これらの祈りを繰り返してください。

言葉は自分なりに変えて頂いても構いません。ただし、相手のことを中心にした言葉、そして、その出逢いが自分たち以外のもっと多くの人たちをも幸せにしていくという核となる部分は失くさないようにしてください。

 

これは私自身何度も経験しています。

「もうそんな奇跡的な出逢いなんて起こるわけない」

と思ったこともあります。

だけど、本気で信じて運命の人を鮮明に描き、

その出逢いを信じることで、

何度も奇跡的な出逢いを経験してきました。

そして、今この時点においてもその奇跡的な出逢いは継続中です。

 

人の「念」という非科学的なものではありますが、

なぜかこれは人と人とを見えない力で結びつけます。

 

理想の人と出逢うには数か月数年かかるかもしれません。

しかし、それでも諦めずに信じ続けてくださいね。

 

信念を強く持ってから機が熟すまでには時間がかかります。

最後にはきっと自分を、人生を変えてくれる最高の出逢いが訪れるはずです。

 

スポンサーリンク

おまけ:自分が提供できるものと相手が要求するものが見合わなかった場合

本文中、「自分が提供できるものと、相手が要求するものが見合わなかった場合、選択肢は2つだけです。(中略)諦めて価値を下げたものを探す。または、自分の持っている価値を高めることです。」

というように書きました。

相手がどれほど自分にとって必要なもの、価値のあるものを持っていたとしても、自分が提供するものに相手が魅力を感じてくれなければ人間関係は成立しません。

常日頃から自分自身を高めておくことは大切ですが、ここでは、人生で行き詰ったときのことを想定して記事を書いています。つまり、もう自力でなんとかしようという気力が尽きていることを想定しています。

ですので、過分な要求をせず、今自分が持っている価値を全てかき集めて、それに魅力を感じてくれる人を引き寄せるのが一番だと思います。

あなたの価値を認めてくれて、最高のものを提供してくれる人は必ずいます。

まずは、あなた自身が今持っている自分自身の価値を認めることを大切にしてください。

自分にとっては当たり前のことでも誰かにとっては最高に価値のあるものであるということも往々にしてあります。

自分自身を信じるということがどんな時にも最後には一番大切になります。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました