瞑想の本質は「意識的であること」

【瞑想】

理解するための最良の手段は、自然の中にある無限の作品をじっくりと観賞することだ。凡庸な人間は、注意散漫に眺め、聴くとはなしに聴く。感じることなくただ触れ、味わうことなくただ食べ、身体を意識することなく動く。香りに気づくことなく呼吸し、考えずに歩いている。
レオナルド・ダ・ビンチ

 

―――

 

これは「雑談所」のほうに書いたものなのですが、

ダビンチのこの言葉はよく引用しています。

 

この考え方は瞑想にも通じます。

瞑想とはあらゆることに意識的になることでもあります。

瞑想ではよく「気づき」という言葉が使われますが、

それも同じことです。

 

常に気づいていること、常に意識的であることが瞑想の在り方です。

四書五経のなかの「大学」にも同じような記述があります。

 

心がここになければ見ても見えず、聞いても聞こえず、食べてもその味が分からない

 

 

日常の中で意識的でないということは、

良いことがあっても気づかず、

感謝すべきことがあっても感謝せず、

直すべきことがあっても直せず、

人が求めていても気づかず、

学ぶことがあっても学び得ず、

感動があっても感動しえず、

楽しみがあっても楽しみ得ず、

というように、

なににも気づかないで時間が過ぎていきます。

 

瞑想というのはそういう状態をなくし、

意識的に生きていくことです。

 

 

それが分かると、

美味しいものを食べるのではなく美味しく食べるのであり、

楽しいことを探すのではなく楽しむのであり、

好きな人を見つけるのではなく好きになるのであり、

やりがいを見つけるのではなくやりがいにまで高めるのであり、

できない理由に意識を向けるのではなくできることに意識を向けるのであり、

ー。

世界がまったく違うものに見えてきます。

 

瞑想の個々の技法は呼び水であり、

それを通して日常を瞑想的に生きていくようになることが大切です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました