坐禅の組み方についての冊子があります

・仏教

 

今週末はすでにお伝えした通り、

久々に坐禅会巡りをしてきました。

 

本来的に僕がすすめたいのは禅なのですが、

禅は初心者の方が数回やっただけではつかみきれず、

なんとなく苦痛で終わってしまうことが多いんです。

 

それに比べると、他の瞑想法は様々な方法がありますので、

初心者の方にも楽しんでもらいやすいんです。

 

そのため、さいたま瞑想ラボでは

まだ坐禅には触れていないのですが、

この機会に少し坐禅のこともご紹介しておきたいと思います。

 

といっても、こんな冊子がありますというだけですけど(*‘∀‘)

 

曹洞宗(そうとうしゅう)から出している

「坐禅のすすめ」という冊子です。

※この裏のページもあります。

 

こちらはPDFバージョンもありますので、

一度見てみてください。

 

坐禅のすすめ

 

さらに、坐禅のアニメもあります。

 

 

 

 

詳しいことはまた別の機会があれば書きますが、

禅には大きく2つの系統があります。

1つは曹洞宗、もうひとつは臨済宗です。

 

ここで取り上げているのは

曹洞宗の坐禅です。

 

曹洞宗は、たくさんの人に仏教文化に触れてもらおうと、

様々な活動をしています。

なかなか触れることのない世界と思っていても、

意外と身近にあるかもしれません。

 

興味がある方は是非一度

曹洞宗のホームページものぞいてみてくださいね

 

曹洞宗 公式サイト

 

曹洞宗 曹洞禅ネット SOTOZEN-NET 公式ページ
曹洞宗の公式サイトです。曹洞宗の教え、一仏両祖、両大本山、坐禅の作法や参禅会情報、人権・平和・環境への取り組み、梅花流詠讃歌、各種イベント・行事などを紹介しています。出版物販売サイトもあります。

 

 

後記

 

ここに書いてあるものを見ただけでは、

すぐに実践するというのは難しいかもしれませんが、

一度流れを体験するとすぐ覚えます。

 

坐禅会に行かれる際は、

一度目を通しておくといいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました