・生き方

人を見る目がある人とは?人を見る目を養う!

スポンサーリンク

人を見る目がある人とは、

自分のことを観察できる人です。

 

自分のことを深く観察し、

その感情の機微に詳しくなると、

人間の根源的な感情なんて言うのは、

みんな変わらないということに気づきます。

 

そうすると、飛躍的に人を見る目が高まります。

 

だからもし、

人を見る目を養おうと思ったら、

自分自身の心を深く内省することです。

 

自分の心が明らかになったとき、

人の心もまた手に取るようにわかるようになります。

 

古くからの偉人賢人は、

その多くの人が人里離れ、

山にこもって修業していたのに、

みんな共通して人間に対する脅威的な洞察力を持っていたのは、

彼らが自らを内省していたことによります。

 

 

スポンサーリンク

自分を変える!おすすめ記事

1

瞑想をすることによってどのようなメリットがあり、どのような能力が獲得できるのでしょうか。今回は瞑想で獲得できる5つの基本的な能力と、さらに具体的な69個の能力を説明していきます。合わせて瞑想の効果が現 ...

2

瞑想を学んでみよう!と考える多くの方の目的は「自分を変える」「人生を変える」ことではないでしょうか。今日は瞑想にも通じる「自分を変える、人生を変えるシンプルで強力な方法」のご紹介です。   ...

3

ベルナール・パリッシーという陶工は1528年、カップに最高の光沢を持たせるための釉薬(うわぐすり)を見つけることを決意した。   何か月も何年もかかってさまざまな実験を試み、釉薬の原料を研究 ...

-・生き方

© 2021 『虹たも瞑想ラボ』