人は結局、誰もが思い通りの人生を生きている

・生き方

 

人は誰でも、結局、

思い通りの人生を生きています。

 

「いや、自分はこんな人生は望んでいない」

 

多くの人がそういうと思います。

しかし、それは違います。

 

僕の知人に、

とても才能のある人がいます。

それなのにその人は、

人から褒められたり、

もっと才能を生かしたほうがよいと勧められても

「いやいや、自分なんかにできるわけない」

「自分はそんな器じゃない」

といって必ず否定します。

 

それなのに、

生活が苦しいといつも言っています。

 

その人は、そんな苦しい人生は望んでいないというでしょう。

しかし、見事に自分の思い通りの人生を生きています。

 

自分の望む人生と、

自分の思う人生は違います。

 

ぼくは、だれもが自分の望む人生を生きているとは言っていません。

だれもが自分の思い通りの人生を生きていると言っているのです。

 

その知人は、自分で、

「器がない」

「自分にはできない」

「生活が苦しい」

と見事に思い通りの自分を達成しているのです。

 

こういうことは誰にでもあります。

 

それがセルフイメージと呼ばれるものです。

自分自身の持つ自分のイメージです。

 

セルフイメージはとても強力ですから、

潜在意識はセルフイメージを達成しようと

全力を尽くします。

その結果、自分の思った通りの人生を確実に歩むことになります。

 

だから、自分を変えようと思ったら、

まずはセルフイメージを変えなければなりません。

 

そのためにはどうするか、

現実を思い出さず、

理想を思い出すのです。

 

現実の生活や自分がどうあれ、

そんなことは関係ありません。

 

今日までの自分と同じ人生を歩みたいなら、

過去の現実を思い出していればいいですが、

今日の自分を変えたいと思うなら、

現実の過去がどうであろうと、

そんなことは捨てて、

理想の自分と理想の過去を思い出してください。

(作り出してください)

 

セルフイメージの作りかえが上手くいけば、

未来の自分は必ず変えられます。

 

その時、自分の思い通りの人生と、

自分の望み通りの人生が一致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました