・アファメーションガイドブック

アファメーションの使い方『アファメーションガイドブック④』

スポンサーリンク

今回は『アファメーションガイドブック』から「アファメーションの使い方」のお話です。

 

アファメーションの使い方~アファメーションを行う時間

アファメーションは一日中、気が付いたらいつでも行うようにしてください。特に効果的なのは、夜寝る前、電気を消して布団にはいってからです。寝付くまで心の中で繰り返してください。また、朝の寝起きも最適です。目が覚めたら起き上がる前に心の中で繰り返してください。短い文章なら、何度か紙に書くことのもおすすめです。

 

アファメーションの回数・頻度

一度に行うアファメーションは、アファメーションの長さにもよりますが、3回以上繰り返します。朝晩のアファメーションは2,3分繰り返すと効果的です。また、瞑想時などにアファメーションを用いる場合は、瞑想が終わるまで何度でも繰り返してください。

行うのはとても簡単なので、一日中いつでも、気が付いたときに心の中で繰り返してみてください。たまには声に出して言ってみることもおすすめです。

 

アファメーションは目を開く?閉じる?

状況に応じて使い分けてください。朝晩のお布団の中では、目を閉じて行ってもいいし、時には鏡の中の自分に語り掛けながら行っても効果的です。

 

アファメーションの効果を最大にするのは想像力

アファメーションの威力を最大限に発揮させるためには想像力が欠かせません。アファメーションで決めた「なりたい自分」になったときのことを想像してください。あなたはどんな素敵な場所で、どんな素敵な人と、どんな素敵な時間を過ごしているでしょうか。その時に感じるであろう空気、香り、気温、湿度、光、音楽、そういったものをありありと鮮明に想像してください。そして、アファメーションを繰り返してください。想像力に長けてくると、記憶の中のにおいをかぎ、脳の中の音楽を流すことができるようになります。想像が鮮明であればあるほど、アファメーションは効果を増します。

 

スポンサーリンク

自分を変える!おすすめ記事

1

瞑想をすることによってどのようなメリットがあり、どのような能力が獲得できるのでしょうか。今回は瞑想で獲得できる5つの基本的な能力と、さらに具体的な69個の能力を説明していきます。合わせて瞑想の効果が現 ...

2

瞑想を学んでみよう!と考える多くの方の目的は「自分を変える」「人生を変える」ことではないでしょうか。今日は瞑想にも通じる「自分を変える、人生を変えるシンプルで強力な方法」のご紹介です。   ...

3

ベルナール・パリッシーという陶工は1528年、カップに最高の光沢を持たせるための釉薬(うわぐすり)を見つけることを決意した。   何か月も何年もかかってさまざまな実験を試み、釉薬の原料を研究 ...

-・アファメーションガイドブック

© 2021 『虹たも瞑想ラボ』