すべての瞑想の基本となる3つの瞑想

【瞑想】

スポンサーリンク

さいたま瞑想ラボでは、

個人の目的や性質にあった瞑想を行うことが

大切であるという思いから、

最初は一人ひとり話を聞きながら行うことを心がけています。

 

しかし、まず、どなたにでも必ず教える瞑想法が3つあります。

 

この3つの瞑想は、色の三原色がたった3つの色だけですべての色を表現できるように、この3つの瞑想法をマスターすれば、数百数千の瞑想法に通じることができます。

 

その瞑想法は

①心の問題を解決する「リラックス瞑想法」
②あらゆる問題に答えを出す「問題解決瞑想」
③瞑想の基礎にして極意「集中瞑想」

 

の3つです。

 

スポンサーリンク

 

 

これらは、いずれここでも方法を書いていきたいと思っていますが、

書いてしまうことでちょっと心配なことがあるんです。

 

多分、多くの皆さんが、何かしらのハウツー本(なにかのやり方が書かれている本。例えば、速読、記憶術、ダイエットなど)を読んで、自分にはできないと挫折したことがあるのではないでしょうか。

 

しかも、そのように読んだ本は、一部の人にしかできない特別なものだと思い込んでしまい、その後一切見向きもしなくなってしまったという経験があるのではないでしょうか。

 

もちろん僕自身もあります。

 

色々なハウツー本を読んでも、実際にタイトル通りの成果を得られたことなんてまずありません。

 

僕もずっと、そうだったんです。

だけどある時、人から「記憶術」のセミナーに誘われたんです。

それまでも、頭がよくなったらいいなぁと思いつつ、「記憶術」の本はたくさん読んでいたんですけど、成果は出ていませんでした。

 

そのセミナーは2日で3万もしたのですが、その記憶術の先生が、小学生から80歳のシニアの方でも絶対にできるようになります。っていうので、疑う心90%、期待10%で行ってみたんです。

 

そうしたらなんと、

結果的に、円周率の小数点以下1000桁を覚えることができたし、

切ったトランプの54枚の並び順を10分で暗記することもできました。

まあ、それは、その2日間でできたことではなく、そのセミナーで習ったことを自宅で実践してできるようになったんですけどね。

 

ただ、そのセミナーに行っていなかったら、自分では絶対にそんなことはできませんでした。

 

だけどですね、その後、改めて「記憶術」のハウツー本を読んでみると、セミナーで習ったこととまったく同じことが書いてあるわけです。

 

本は1000円程度、セミナーは3万円。

 

ああなるほど、その差は、

内容の差ではなく、

知識と体験の差そのものなんだなと、

実感したのを覚えています。

 

もしぼくが、本だけを読み、

セミナーに参加することがなかったら、

記憶術なんて胡散臭すぎると思っていたに違いありません。

 

だけど、運よくセミナーに行ってしまって得たものは、

記憶術が使えるようになっただけでなく、

 

 

体験しなければわからない世界があり、

体験すれば簡単に超えられる壁があるのだということを体感したことです。

 

 

もちろんぼくは記憶術のセミナーをすすめているわけではありません。

それに、瞑想会に来ていただいても、

さいたま瞑想ラボではお金は一切取りません。

 

だから、商売でもなんでもなく、

なんの下心もなく言えることですが、

 

瞑想を知識として知っただけで、

なんとなく自分にはできそうにないなとは思ってもらいたくないのです。

それはあまりにももったいない。

 

いつも言うことですが、

僕が勧めているのは、

さいたま瞑想ラボではなく、

瞑想そのものです。

 

場所はどこでも構いませんので、

是非どこかでしっかり瞑想を体験されることをお勧めします。

 

それを守ってくだされば、

今後もすべての情報を公開していこうと思っています。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました