【雑談】休日の一日

・雑談

 

今日は、前の仕事場の先輩と、

午前中から上野の「東京国立博物館」で東寺展を見てきました。

 

特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」
特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」の展覧会公式サイトです。 東京国立博物館 平成館で2019/3/26~6/2まで開催。

 

 

東寺展では、写真撮影が許された作品が一点ありました。

 

帰りに先輩とお昼を食べてきたのですが、

午後12時過ぎに博物館をでて、

ちょうど昼時にお店に入ったのですが、

話し込んでいたらあっという間に3時過ぎに。

 

久しぶりにゆっくりお会いできて、

たくさんインスピレーションをいただきました(*’ω’*)

 

運動や仏教の話から始まり、

「価値観」の話や、「理想的な平和」の話、

お昼からディープな内容です(*’ω’*)

 

先輩「でも、こういう話って100%普段は誰ともしないじゃない(*‘ω‘ *)」

 

僕「そうですよねっ! あっ、でもぼく、100%誰とでもそんな話しかしません(*’ω’*)」

 

よく考えると、ぼくって、普通はあまり誰ともしないような話しか人としていない気が…。

逆に、そういう話をしないような人と話をすると、

大した会話ができないという…

 

 

結構前になりますが、

友人と食事に行きました。

数時間程度だったのですが、

帰ってからちょっと落ち込んだんです。

「あれ、ぼくってこんなに話のつまらない人間だったのか…」

って。

 

まあこればっかりは相性という部分も大いに関係があるのですが、

それでも、だれとでも会話を盛り上げることができないようじゃ、

まだまだ会話力が低いなと実感しました(; ・`д・´)

 

さて、先輩と別れてから、

上野でお買い物。

アメ横をぶらりと歩いて、

いつものお店に入ったけど、

気に入るものがなく断念。

 

この時点で4時過ぎかな。

天気もよく日も長くなってきているので、

コンビニのコーヒーでも飲みながら、

上野公園でかばんに入っている本の続きを読むことにしました。

 

 

上野不忍の池の蓮。

これからもっともっと大きくなります。

 

読書に適した場所を探していると、

どこからか音楽ライブの音が聞こえてきました。

 

音のほうに歩いていくと、

野外コンサート会場があり、

そこで無料の音楽イベントが行われていました。

 

 

 

結局ここに4時過ぎから7時過ぎまでいました。

途中、寒くなって、アメ横にパーカーを買いに行き、

戻ってくるというね。

 

やっぱりロックはかっこいいし、

夢を追ってる人たちもとってもかっこいいです。

クローゼットの中からギターを引っ張り出してきて久しぶりに弾こうかと思ったくらいです。

 

ここでもやっぱり、たくさんのインスピレーションを受けました。

 

こんな時は何となく、

帰るのももったいない気がして、

ふと、

「そうだ、家まで歩いて帰るか!」

と思ってGoogleマップで調べると、

 

徒歩7時間。

 

徒歩圏内やん。

と思ったけど、上野を歩いてライブを聞いているうちに、

昔読んだ寺山修司の『書を捨てよ、町へ出よう』という本が読みたくなってね、

その本を買うには歩いてさいたま市まで帰っていたのでは書店が閉まってしまう、

ということで徒歩での帰宅を断念。

 

駅に向かって歩いていると、

正面にスカイツリーが。

 

「ん、まてよ、上野からスカイツリーまでなら歩いても…」

とも一瞬頭によぎりましたが、

やっぱり書店が閉まってしまうので断念。

 

我ながら本当に心が自由だなと思いながら、

電車に乗って地元の本屋さんへ向かったのでした。

 

ゆくすえに宿をそことも定めねば 踏み迷うべき道もなきかな

 

あ、のっらーマウス発見(*’ω’*)

 

無事買えました(*’ω’*)

 

税込555円(*’ω’*)

 

この書籍の表紙の裏側の文章を引用します。

「あなたの人生は退屈ですか? どこか遠くに行きたいと思いますか? あなたに必要なのは見栄の良い仕事でも、自慢できる彼や彼女でも、おしゃれな服でもない。必要なのは想像力!」

 

まさに今日の僕にピッタリの書籍でした。

 

みなさんも素敵な休日を^^

 

おもしろきことなきこの世をおもしろく するは人の心なりけり

 

 

後記

 

平成三十一年の五百円玉発見(*’ω’*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました